NHKまさかの事態 広陵・中村の清原超える6本目の記録的ホームランを放送できず(BuzzFeed Japan)

夏の甲子園、準決勝が22日に開催され、広陵の中村奨成が大会記録となる1大会6本塁打を放ったが、NHKがこの歴史的場面を中継できないというまさかの事態となった。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

中村は通算4本塁打で迎えた天理との試合、1回表に清原和博が1985年に記録した5本に並ぶ本塁打をバックスクリーンに放った。

さらにこの試合第3打席目となる5回表、先頭打者として打席に立つと、左中間に放り込み、大会新記録となる6本塁打の偉業を達成した。

だがNHKでは、11時4分から甲子園中継を中断し「NHKニュース」を放送していたため、この歴史的瞬間を生中継することはできなかった。

NHKの甲子園中継では、ニュースの時間にEテレへ一時中継を移すこともあるが、この時間帯はEテレ通常の放送が行われていた。

3分のニュースが終わり、再びカメラが甲子園を映し出した時、中村の打席は終わっていた。

Twitter上では「NHKはニュースで放送できず」「NHKやっちまったぞ!」などNHKのあまりの間の悪さに対する驚きやツッコミが数多く上がった。

コメントを残す