木村“フィリップ”ミノル、城戸康裕の“殴り込み”に「一歩も引く気はない。久保選手とやった時以上の挑戦になる」(AbemaTIMES)

11月23日のK-1さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ大会ではヘビー級トーナメントが開催されるが、ワンマッチでも豪華カードがラインナップされた。

10月3日の記者会見で発表されたカードの一つは、城戸康裕vs木村“フィリップ”ミノルという予想外のカード。この人気選手同士の顔合わせは、前回の試合から木村が-67.5kgのウェルター級に階級を上げ、城戸か今回、スーパー・ウェルター級(-70kg)から下げてきたことで実現した。

スーパー・ウェルター級トーナメント決勝でチンギス・アラゾフに敗れた城戸は、その日のうちに階級を下げることを決意したそうだ。曰く「チンギスは重すぎ。チンギスに勝つための練習するなら体重落としたほうがいいなって」。

コメントを残す