高橋礼、鷹先発の柱譲らん!ハワイで誓い「完投できる体力を」(サンケイスポーツ)

【ホノルル(米ハワイ州)13日(日本時間14日)】日本一記念旅行中のソフトバンクはゴルフコンペを開催。パ・リーグ新人王の高橋礼投手(24)は工藤公康監督(56)と同組でプレーし、来季も先発の柱としての活躍を誓った。

 快晴の下、汗びっしょり。親子のように隣で肌を焦がす将の期待を直に受け取った。高橋礼は工藤監督と同組でゴルフを終えると、常に笑顔だった表情を引き締めた。

 「(東浜)巨さんやバンデンハークにも(立場を)譲りたくないです」

 今季は12勝で新人王に輝いたが、開幕時は先発の5、6番手。本来の軸である東浜、バンデンハークらの故障の穴を埋めたとはいえ、立場が確約されたわけではない。工藤監督も「今までいた人が戻ることも期待して」と構想を描いたが、今季後半は千賀と2本柱を形成したサブマリンが「待った」-。さらなる成長を誓った。

 「今季はとりあえず5回まで頑張って、あとはいけるところまでという感じ。それではダメ」

 23度の先発で、平均投球回は6・2回だ。「7回とか7・2くらいにしたい」。今季は長いイニングを計算された投手は千賀のみ。指揮官は「6人のうち4人くらい欲しい」と本音をこぼし、高橋礼に「伸びしろはまだある。まず、しっかり体力をつけてほしい」と期待した。すでに、股関節周りの強化など練習ポイントを伝授。右腕も高いレベルを目指した。

 「完投できる体力をつけて、(次の登板への)余力を残して代わるくらいでないと」

 OUT54、IN53で回ったゴルフでも愛のある指導を受けた。身にしみる期待を背負った新人王が、常夏の島で熱い誓いを立てた。

【広告】



コメントは受け付けていません。