サッカー日本代表が白星発進!武蔵&三浦の代表初ゴールで中国に勝利/E-1選手権(サンケイスポーツ)

出典元:前半、先制のゴールを決めた鈴木=釜山(撮影・蔵賢斗)

サッカーの東アジアE-1選手権が10日、韓国・釜山で開幕。国際連盟(FIFA)ランク28位の日本は、同75位の中国に2-1で勝利。3大会ぶりの優勝へ白星発進した。

 森保一監督(51)率いる日本は今大会、国内組のみで編成され、東京五輪を目指す22歳以下が14人。大事な初戦の先発にはFW上田綺世(21)=鹿島、FW鈴木武蔵(25)=札幌=らが名を連ね、初招集組のDF橋岡大樹(20)=浦和、MF遠藤渓太(22)=横浜M、MF森島司(22)=広島=も先発でA代表デビューを果たした。

 スコアが動いたのは前半29分。左サイドでDF佐々木の縦パスをFW上田がヒールで中央のスペースへ。受けたMF森島がペナルティエリア左まで持ち込んでグランダーのクロスを送り、最後は走り込んでいたFW鈴木が押し込んだ。鈴木は代表6試合目で初ゴールとなった。

 後半25分にはMF井手口のCKにDF三浦が頭で合わせ、ワンバウンドしたボールがネットを揺らした。三浦は代表9試合目で初ゴールを挙げた。

 45分に中国に1点を返されたが2-1で逃げ切り、初戦を白星で飾った。

 日本は14日に香港(139位)、18日に韓国(41位)と対戦する。

【広告】

[su_animate type=”flip” duration=”2″ delay=”1″]              ふとんクリーナーのパイオニア[/su_animate]

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントは受け付けていません。