レアル、FFP抵触の恐れ? ベイルやハメス・ロドリゲスなどが放出候補に(フットボールチャンネル)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:レアル・マドリー【写真:Getty Images】

レアル・マドリーが冬の移籍市場で所属選手の一部を売却するかもしれない。9日に英紙『エクスプレス』が報じている。

【写真】レアル・マドリーからもランクイン! 19/20サッカー選手能力値ランキング1位~100位

 同紙によると、ファイナンシャルフェアプレー(FFP)に抵触する恐れがあるため、収支のバランスを取るために選手を売却する必要があるという。夏の移籍市場でエデン・アザールやルカ・ヨビッチなどを獲得し巨額の資金を使っている。反対にマテオ・コバチッチやケイラー・ナバスなどを売却して収入も得ているが、現時点で支出の方が大きく上回っているようだ。

 そのため、来年1月の移籍市場で何人かの選手を売却すると考えられている。放出候補に挙がっているのは、ハメス・ロドリゲスやガレス・ベイル、マリアーノ・ディアスやブラヒム・ディアスの4選手。果たして、他クラブへ移籍するのは誰になるのだろうか。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。