【広島】ドラフト2位の宇草、誠也へ弟子入りを志願(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:入団会見で宇草孔基は佐々岡真司監督(右)とがっちり握手

広島は9日、広島市内のホテルで新入団選手発表会見を行い、ドラフト2位の宇草孔基外野手(22)=法大=が鈴木誠也外野手(25)への弟子入りを志願した。

【ドラフト名鑑】広島2位・宇草孔基

 「鈴木選手のようなスケールの大きい選手になりたい。たくさん聞きたいことがある」と話したことを伝え聞いた主砲は「僕じゃなく上の選手を目指すのがいい」と謙遜しながら「自分の経験した範囲は言える。分かることは答える」と“入門”を快諾した。

 ポテンシャルの高さを認めているからこそ、鈴木も宇草の希望を受け入れたのかもしれない。50メートル5秒8の俊足が最大の武器。常総学院3年時のセンバツで大会最多タイ記録となる1試合5盗塁をマークし、法大では今春4本塁打を放ち、ベストナインに選ばれた。今夏、大学日本代表にも選出された素質の高さに佐々岡監督も来春のキャンプ1軍帯同を検討している。

 宇草は「(プレミア12の韓国戦で)完全に相手に流れがいっている中で打席に立って、1本出せるっていうのは、どういう気持ちで取り組んでいるのか聞きたい」と質問攻めを予告。日本代表の4番に教えを請い、早期の1軍デビューを図る。(坂口 愛澄)

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。