札幌と函館の開催日程変更 東京五輪マラソン&競歩の札幌市内実施で(サンケイスポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリンピックのマラソン、競歩の実施時期は、札幌競馬場(写真)の開催が函館に替わることになった

JRAは9日、大阪市内で定例記者会見を開き、来年夏の「東京五輪」のマラソン、競歩が札幌市で行われることになったために、札幌と函館の開催時期を変更すると発表した。

 JRAが過去に例のない判断に踏み切った。来年8月6日から9日に札幌市で「東京五輪」のマラソン、競歩が実施されることに伴い、すでに発表されている開催日程の変更を決定。10月の競馬番組発表後、ほどなくしての開催日の変更は史上初となった。

 競走担当の木村理事は「前代未聞ですが、(日程変更は)万全の態勢で開催する観点から」と説明した。

 背景として、札幌で五輪競技が行われることになれば、宿泊先の確保が困難になることや、道路を含めた交通網の混在が予測される。そのため東西トレセン関係者などで、競馬の開催を不安視する声が上がり、最終的には同じ北海道開催の函館と開催時期を入れ替えることになった。

 変更はマラソン、競歩の実施期間だけでなく、その前の2週(4日間)についても開催を移動。当初は函館で6週(12日間)のあと、札幌で7週(14日間)だったが、新番組では札幌で3週(6日間)開催したあと、函館で6週(12日間)開催し、さらに札幌に戻って4週(8日間)を実施する。なお6月の札幌競馬は、函館競馬場改修工事により開催となった2009年以来となる。

 変更により函館SSは6月21日に札幌、クイーンSは8月2日、エルムSは8月9日に函館で施行される。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。