【中日新聞杯】藤田菜七子騎乗のミスマンマミーアは10着「前半ふわふわして進んで行かなかった」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:藤田菜七子

◆第55回中日新聞杯・G3(12月7日、中京競馬場・芝2000メートル、良)

 ハンデ重賞は16頭によって争われ、坂井瑠星騎手が騎乗した8番人気のサトノガーネット(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎、父ディープインパクト)が、直線で先に抜け出した3番人気のラストドラフト(オイシン・マーフィー騎手)をゴール前で鮮やかに頭差で差し切り、重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分59秒2。

 さらに首差の3着に2番人気のアイスストーム(吉田隼人騎手)が入った。

 藤田騎手(ミスマンマミーア=10着)「前半ふわふわして進んで行かなかったけど、しまいはいい脚を使ってくれました。重賞でもよく頑張ってくれた。自己条件に戻ればやれると思います」

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。