村田、初防衛戦へスパー相手5人!“挑戦者”コピーボクサーも/BOX(サンケイスポーツ)

プロボクシングのWBA世界ミドル級王者の村田諒太(33)=帝拳=が14日、同級9位のスティーブン・バトラー(24)=カナダ=との初防衛戦(12月23日、横浜アリーナ)に向けて、東京・新宿区の所属ジムで練習を公開。ミット打ちなどで約1時間半、汗を流した。

 村田は先月28日から週3日のペースでスパーリングを開始。相手として通常の2人を大きく上回る米国から3人とメキシコ、ウクライナの計5人の外国選手を招いた。すでに米国選手1人が離日したが、今後も4人とラウンドを重ねる。

 中でも10日に来日したビタリ・コピレンコ(35)=ウクライナ=は、5月にバトラーと対戦。1-2で惜しくも判定負けしたが、8回には左ボディーでダウンを奪った。村田は「まだ聞いていない」というが、相手の情報を得るにはうってつけだ。

 さらに村田はコピレンコについて「(バトラーと)タイプが似ている」といい、“仮想挑戦者”となり得る。コピレンコは「村田の方がバトラーよりパワーがある」と、王者有利を予想した。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントは受け付けていません。