【侍ジャパン】高橋礼は4回2失点「先発の役割を果たせなかった」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:3回1死一、三塁、ダルベックに適時二塁打を打たれた高橋礼

◆プレミア12 スーパーラウンド 日本―米国(12日・東京D)

 「プレミア12」スーパーラウンド第2戦の米国戦に臨んだ侍ジャパンは、高橋礼(ソフトバンク)が先発し、4回4安打2失点で降板した。

 2回先頭の4番・ボームに右翼線二塁打を許すと、1死三塁からクローネンワースの一ゴロの間に先取点を与えた。

 3回にも先頭のチャタムに左中間二塁打を浴びてピンチを招くと、1死一、三塁からダルベックの左前適時打で2点目を献上した。

 4回は2死二塁のピンチをつくったが、後続を抑えて、この回限りで降板した。

 高橋礼は「ストライク先行を心掛けましたが、自分でカウントを悪くしてしまい、狙い球を絞りやすい状況をつくってしまいました。よかったところもありましたが、先制点を取られ4回で降板してしまい、先発としての役割を果たすことができませんでした。今日の結果を反省し、今後に生かしていきたいです」と話した。

【広告】

 

コメントは受け付けていません。