国士舘V!2年連続センバツ当確、中西が帝京を2安打完封/秋季東京都大会(サンケイスポーツ)

秋季高校野球(10日)秋季東京大会の決勝(神宮)が行われ、国士舘が6-0で帝京に快勝し、2年連続7度目の優勝。来春の第92回選抜大会(甲子園)への出場を確実にした。10地区全てで秋季大会が終了し、15日開幕の明治神宮大会(神宮)の出場校が出そろった。大学の部は11チームが参加する。

 試合を締めると両手を突き上げた。国士舘のエース、中西健登投手(2年)が2安打完封。秋季東京大会決勝で帝京を撃破し、2年連続7度目の優勝に導いた。

 「一人で投げきるという気持ちでやってきました。一人で投げきれてよかったです」

 スリークオーターからボールを繰り出す186センチの長身右腕。直球の球速は130キロ前後だが、カットボールやシンカーを駆使して三塁を踏ませない。9日の準決勝(対城東)に続く2戦連続完封で、2年連続の選抜大会出場に当確ランプをともした。

 中西にとって甲子園は、どうしても出たい大会だ。今春の選抜大会は背番号15でベンチ入りしたが、甲子園期間の練習中に利き手の右人さし指を負傷。登板することなく大会を終えた。だからこそ、この日の白星に「やっと、ここまできたんだ」と涙を流すシーンもあった。

 まずは、15日開幕の明治神宮大会(初戦は16日=対白樺学園)で頂点へ。「神宮大会で優勝すれば(東京から)もう1枠増える。帝京さんのためにも頑張りたい」と決意を口にした。

【広告】

令和元年

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。