鈴木、家族の力で今季最高2位!/国内シニア(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

富士フイルムシニア選手権最終日(9日、茨城・江戸崎CC=7070ヤード、パー72)首位から出た賞金ランキング2位のタワン・ウィラチャン(52)=タイ=が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算16アンダーで今季2勝目を挙げた。66をマークした鈴木亨(53)=ミズノ=が通算10アンダーで2位に入った。

 鈴木亨は17番(パー4)で6メートル、18番(パー5)で3メートルを決めて連続バーディー締め。長男・貴之さんがキャディーを務め、元女子プロゴルファーの京子夫人からはスタート前の練習場で助言をもらったといい、「家族の力は大きい。リラックスできる。来週に向けて勢いをつけられた」。家族でつかみ取った今季自己最高の2位に笑みがこぼれた。

【広告】

新規申込みで

70,000円キャッシュバック


コメントは受け付けていません。