井上尚弥が顔面2か所骨折で全治未定 ドネア戦で負傷(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:後楽園ホールで試合を観戦する井上尚弥(右は元世界王者・山中慎介氏)

プロボクシングWBAスーパー、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=が右眼窩(がんか)底と右鼻の下の2か所を骨折する重傷を負っていたことが9日、分かった。判定勝ちした元世界5階級制覇ノニト・ドネア(36)=フィリピン=とのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ決勝(7日)で負傷。全治は不明。

【写真】血まみれでパンチを浴びる井上尚弥

 9日、東京・後楽園ホールの興行を観戦した井上は取材に応じ、「パンチをもらって(患部が)しびれていたので骨折したかなという感覚があった」と明かした。この試合で、2回にドネアが強振した左フックを浴びて右目上をカットした。試合後、「すぐにドネアが2人に見えた」などと視界に違和感が生じたことを明かしている。

 ドネア戦後に米プロモート大手「トップランク」との契約が発表され、来年は米国で2試合、日本で1試合を行うことが既定路線となっている。井上は次戦を米国で3月下旬以降の開催を希望しているが、けがによりスケジュールは狂うことになりそうだ。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ

月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。