【武蔵野S】最低人気ダンツゴウユウが4着と健闘 北村宏「よく伸びていた」(スポーツ報知)

出典元:4着と健闘したダンツゴウユウ

◆第24回武蔵野S・G3(11月9日・ダート1600メートル、東京競馬場、良)

 16頭によって争われ、横山典弘騎手が騎乗した9番人気のワンダーリーデル(牡6歳、栗東・安田翔伍厩舎、父スタチューオブリバティ)が直線で力強く抜け出し、重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分34秒6。同馬にチャンピオンズC・G1(12月1日、中京)への優先出走権が与えられた。

【動画】日本一〇な女子アナ・薄井しお里の実況予想

 1馬身1/4差の2着は8番人気のタイムフライヤー(藤岡佑介騎手)。3着には13番人気のダノンフェイス(大野拓弥騎手)が入り、3連単は235万3630円の大波乱となった。

 北村宏騎手(ダンツゴウユウ=4着)「枠が枠だったんで、内を狙っていた。(前が)空いてからはよく伸びていた」

 森泰斗騎手(サンライズノヴァ=5着)「今日はスタートも出てくれたし、行きっぷりも良かった。59キロはやっぱり重かった」

 松若騎手(アードラー=6着)「1600メートルだったので中団あたりにつけたかったけど、それより後ろになってしまった。それでも脚はしっかり使っていますし、改めてオープンの中でもやれると思った」

 福永騎手(カフジテイク=8着)「ポジション的には1、2着馬と同じところにいた。いつもよりスタート後の行き脚が随分良くて、その分、最後の脚がいつもほど使えなかった」

 坂井騎手(ドリームキラリ=9着)「自分の競馬はできたけど、最後はいつもほどの粘りがなかった」

 スミヨン騎手(グルーヴィット=10着)「一言で言うと、古馬の一線級とだとまだ厳しかった。直線で詰まっていて空いた時に入ろうとしたけど、そこで余力がなかった。経験も足りなかったということでは」

 吉田豊騎手(フェニックスマーク=12着)「1600メートルも初めてで、跳びが大きい馬。ずっと追いっぱなしでした」

 石橋騎手(アディラート=13着)「ゲートの中で座るような格好になって遅れた。(進路が)狭くもなって、後ろからになった。この馬の競馬ができなかった」

 田辺騎手(スウィングビート=14着)「今回はうまく流れに乗っていったけど、途中に脚を使った分、最後は…」

 内田騎手(マジカルスペル=15着)「今日はスタートも出てくれた。終始後ろからつつかれる形でペースが落ちなかったから…」

 田中勝騎手(ミキノトランペット=16着)「(前に)行こうと思ってたけど、ちょっと他も速かったですね。早めに外からかぶせられたら、リズムが取れなくなってしまった」

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。