元木新ヘッド、巨人秋季キャンプで罰走指令「1軍は甘く考えていたら絶対無理」(サンケイスポーツ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:原監督(右)に練習の内容や進め方を任された元木ヘッドコーチ(中央)の厳しい声が響いた(撮影・福島範和)

巨人の秋季宮崎キャンプは8日、3日目で初の実戦練習を行った。新たにヘッドコーチに就いた元木大介コーチ(47)が何度も大きな声でげきを飛ばすなど緊迫した雰囲気で行われ、バント失敗やサインミスに対しては右翼フェンスまで往復する“罰走”も課された。参加選手は若手が多い中、1軍定着の厳しさを肌で感じ取った。

 “鬼軍曹”と化した元木ヘッドの言葉に、グラウンドの雰囲気がピリリと引き締まった。「チャンスが2度も3度もあると思うなよ!」「全然アピールにならないぞ!」-。厳しい指導に、思わず若手主体のナインの背筋が伸びた。

 攻守を入れ替えながら約2時間行われた実戦練習。桜井、今村ら投手が実際に投げ、攻撃側はサインに合わせて送りバント、スクイズ、盗塁などを仕掛けた。クライマックスシリーズや日本シリーズでは走塁ミスで好機をつぶした場面もあり、より緻密な野球を確認した。

 いつもと違ったのは“罰走”が課されたことだ。バントでファウルになったり、牽制(けんせい)でアウトになったり、サインの見落としがあると、元木ヘッドが「行け」と指示。ミスした選手がダッシュで右翼フェンスまで往復した。巨人のキャンプでの“罰走”は近年では異例。厳しい言葉と相まって、いつも以上に緊張感に包まれた練習となった。

 やみくもに罰を用意したわけではない。練習を主導した元木ヘッドは「ミスして『もう一丁』だと、シーズンではできない。1軍に残るのは甘く考えていたら絶対無理」とあえて重圧のかかる場面を用意した。

 湯浅や村上、高山ら若手だけでなく、山本、田中俊、石川ら今季1軍で多くプレーした選手も右翼フェンスまで走った。元木ヘッドに練習内容や進め方を任せた原監督は「正しい指摘をしっかりしていて、よかった。攻撃も守備もいい練習になった」と目を細める。チーム力底上げへ、若手が厳しい指導を薬にする。(伊藤昇)

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。