ミレニアム世代・安田祐香が一発合格、高校生3人も 年齢引き下げでより狭き門に(スポーツ報知)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:プロテストに合格して記念撮影で喜びを表す選手たち(前列左から劉依一、笹生優花、ハン・スンジ、スペラル、イ・ソルラ、田中瑞希、西村優菜、山下美夢有、中西絵里奈、西郷真央、後列左から吉田優利、安田祐香、渋沢莉絵留、アン・シネ、河野杏奈、石井理緒、常文恵、山路晶、宮田成華、石川怜奈、セキ・ユウティン)

◆女子ゴルフ 最終プロテスト(8日、岡山・JFE瀬戸内海GC

 1オーバー18位タイまでの21人が合格した。2000年度生まれ・ミレニアム世代の安田祐香(18)は73で通算5アンダー4位で一発合格。1つ下の高校3年世代からも山下美夢有(みゆう)、西郷真央、笹生(さそう)優花(いずれも18)の3人が合格した。開催時期が7月から11月に変わり、受験可能年齢も18歳から17歳に引き下げられた今回のプロテストを岩原記者が「見た」。

 今回は規定の変更で合格は狭き門となった。ミレニアム世代で国際経験豊富な安田、西村、吉田は一発合格。これまで日本女子プロ協会の非会員でも受験可能だった、今月下旬から始まる来季ツアー優先出場権を懸けた予選会への出場が今年から会員のみとなり、山路、アン・シネら単年登録の選手も多く参加した。

 激戦の中、3人の高校生が合格した。昨年までなら8か月後の来年7月までプロ入りを待たなければならず、高校卒業後、数か月の“無職”の期間が課題となっていたため、受験年齢引き下げに踏み切った背景がある。山下(大阪桐蔭高)が「高校生でプロになれてうれしい。目標は賞金女王」と目標を掲げれば、日本アマ優勝で尾崎将司(72)のまな弟子でもある西郷(千葉・麗沢高)は「うまい選手より強い選手になりたい」と語った。

 レギュラーツアーでも毎週のようにアマチュアが上位に顔を出すなど、女子ゴルフ界は低年齢化が進む。早くから海外に目を向ける選手も増えている。下部ツアーの活性化やリランキング(出場優先順位見直し)の導入も全ては競争力向上のため。合格した選手は息つく暇もなく、予選会で上位通過を目指し、自身の“職場”を確保しなければならない。(岩原 正幸)

 安田(アジア太平洋女子アマ優勝の逸材は4位で通過)「大山志保さんのように長く活躍できる選手になりたい」

 吉田(左手親指負傷を乗り越え、12位で合格)「受からないと何も始まらないと思っていた」

 ◆最終プロテスト 4日間72ホールのストロークプレーで争い、合格者は今月下旬から始まる来季ツアー優先出場権を懸けた予選会に出場できる。今回のみ、合格順位より2打差(25位タイ)までの選手も予選会の第1ステージ(S)に出られる。トップ通過のイ・ソルラは特典で、予選会のファイナルSから出場できる。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントは受け付けていません。