体操男子W杯代表選考会、18歳・橋本大輝が初V 2位萱和磨とW杯シリーズ出場(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

体操男子で来年の個人総合W杯シリーズ代表選考会となるスーパーファイナル(SF)は8日、群馬県の高崎アリーナで行われ、世界選手権に白井健三以来となる現役高校生で出場した橋本大輝(18)=市船橋高=が合計86・031点で初優勝。世界選手権6位の萱和磨(22)=セントラルスポーツ=が合計85・665点で2位。上位2人がW杯シリーズに出場。結果次第では、東京五輪の代表に決まる可能性がある。

 鮮やかな逆転Vだった。5種目終了時点で首位と0・667点差の5位。「どうせ、勝てるか分からない。攻めよう」と割り切り、最後の鉄棒に挑んだ。得点を上げるため、伸身トカチェフからトカチェフを試合中の判断でつなげてみせるなど、ダイナミックに離れ技を次々と成功。着地もピタリと止め、14・833点の高得点で、シニアの大会では初の日本一。五輪へとつながるW杯出場を決め「東京五輪には絶対に出たい強い気持ちがある」と引き締めた。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。