【馬体重プラス?マイナス?】エリザベス女王杯(サンケイスポーツ)

出典元:ラヴズオンリーユー

オークス以来となるラヴズオンリーユーは、24キロ増の480キロ。約半年ぶりの実戦だが、稽古ではしっかりと負荷をかけられて抜群の動きを見せている。ほぼ、3歳の夏を越しての成長分とみてよさそうだ。

 クロノジェネシスは、4キロ増の456キロ。同じく京都で行われた前走の秋華賞は調教後体重から6キロ減でレースを迎えただけに、前走と変わらない数字で臨めそう。

 ラッキーライラックは、前走から増減なしの522キロ。昨年の秋華賞は調教後と同じ馬体重での出走だった。5カ月ぶりの前走が16キロ増の過去最高馬体重だっただけに、当日までにもうひと絞りあれば理想的だ。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。