【ズバッと!言いたい放題】菊花賞(サンケイスポーツ)

出典元:菊花賞に出走予定のヒシゲッコウ

しの 今週も春2冠の優勝馬が不在。

 大王 秋華賞の結果を考えると、ダービー3着のヴェロックスを上位に取るべきかな。

 水谷 猿橋助手は「長くいい脚を使えるのがセールスポイント。リラックスできるように調整している」やて。

 しの 何かに足をすくわれる可能性はあっても、川田騎手なら。

 大王 神戸新聞杯3着のワールドプレミアは2着ヴェロックスに1馬身1/4離されていた。使われてどこまで変わるかな。

 水谷 友道さんは「自分からハミをグイグイ取るタイプじゃないので距離は大丈夫」と。3000メートルは合いそう。

 東京サンスポ・板津 4着レッドジェニアルは京都新聞杯勝ちを含めて当地【2・0・2・0】。経験値と適性が高いですね。

 しの ニシノデイジーも気になる。セントライト記念はイン・先行有利な馬場で、後方から大外を回す真逆の騎乗で5着。やはり力はあるわ。

 東京サンスポ・柴田 けいこはルメールが乗って折り合いはバッチリだったし、初コンタクトながら満足そうな様子でした。前走以上です。

 板津 3着ザダルはトーセンラー産駒。DNAは京都の外回りでこそ、かもしれません。

 大王 ヒシゲッコウはマイルCS馬ステルヴィオの弟で、プリンシパルSで3着。北海道でパワーとスタミナを確認できたし、全4戦すべて最速の末脚はいいね。

 柴田 けいこは直線一杯に追われても進んでいかず、併せ馬にならなかった。ほめられる内容ではないけど、いつもこんな感じで走ります。

 しの ホウオウサーベルは新潟・阿賀野川特別で5馬身差勝ち。去年の10番人気3着ユーキャンスマイル、一昨年の13番人気3着ポポカテペトルと同じ臨戦ね。

 板津 「降級制度がなくなったから、以前より条件戦での相手関係が楽」という話もささやかれます。2勝クラスを勝ったばかりの上がり馬がどのくらい通用するか、ですね。

 大王 サトノルークスはセントライト記念で2着。良血馬がようやく本格化してきたか。

 水谷 「前走は少し急仕上げ。距離がもつかどうか」と池江さん。

 柴田 17年優勝、18年2着のミルコはカウディーリョ。けいこはラストの伸びが良好で、動きだけなら同厩のヒシゲッコウよりオススメです。

 しの 抽選対象だけど、出たら注目のメロディーレーンは前走338キロだった。ものすごく小さいのに心肺機能が並外れて高いみたいね。

 水谷 他の馬よりワシ2人分、小さいんやな。

 しの 水谷さんとは“中身”が違います。あ、金曜はトークイベントに出るそうで?

 水谷 WINS梅田で大阪サンスポの斉藤記者と予想対決や。昭和~平成~令和と3つの時代で菊花賞を見てきた身としては、20歳以上も年下には負けられへん。

 しの そうですか。ちなみに令和はまだ走ってませんからね…。

(夕刊フジ)

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。