星稜高・奥川、ヤクルトは「温かみのあるチーム」(サンケイスポーツ)

出典元:ヤクルトのドラフト1位に決まり騎馬に乗る星稜高・奥川恭伸=星稜高校(撮影・中島信生)

3球団競合による抽選の末、ヤクルトの1位指名が確定した星稜高・奥川恭伸投手(3年)は金沢・石川市内の同校で記者会見。交渉権獲得が決まってしばらくは、表情は緊張で硬いままだったが、会見場に現れて新天地へ思いをはせると、自然と笑みがこぼれた。

 「(ヤクルトは)チームとファンの方が一体となっていて、温かみのあるチームだなという印象があります。早くチームに溶け込んで、自分も活躍できるように頑張っていきたい」

 阪神、巨人、ヤクルトが入札。星稜高では阪神、巨人、中日、ダイエーの4球団が競合した松井秀喜氏(巨人)以来、27年ぶりの高卒1位目指名だ。神宮のマウンドの感触は、準優勝した2年秋の明治神宮大会で確認済みと、プラス要素もある。

 「一番は勝てる投手を目指してやっていきたい。チームのエースになれるような投手に成長したい」」

 幼少期から根っからの負けず嫌い。中学では日本一を経験したが、高校では2年秋の明治神宮大会と最後の夏の甲子園での準優勝が全国の最高成績と、絶景は見られなかった。プロの世界で一番星をつかむために、高く高く羽ばたいていく。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。