DeNA3位の明大・伊勢がユーモア会見、自称「ろくでもない奴」は熱く恩返し誓う(サンケイスポーツ)

DeNAの3巡目指名を受けた明大・伊勢大夢投手は17日、東京・千代田区の明大駿河台キャンパスで会見。

 3位で名前が呼ばれ、チームメートからはどよめきと歓声が起きたことについて「(広島1位の)森下の時より喜ぶ声が大きかったので相当みんなを不安にさせていたのだと思う。プロに入ってからはファンの方を不安にさせることのないようにしたい」とユーモアたっぷりに喜びを語った。

 広島から1位指名を受けた最速155キロ右腕のエース・森下に隠れてはいるが、4年間で着々と実績を積み重ねてきた。自身で「(善波監督にとって)数少ない問題児だと思う。一番迷惑をかけてきて、同じ学年ではろくでもない奴だった」と振り返り、「本当に感謝しているのでここから恩返ししたい」とプロ入り後の活躍を誓う。

 同じセ・リーグのライバルチームで戦うことになる森下については、「大学時代は正直言って完敗。プロに入って追い越して、上から見下してやるくらいの気持ちでやっていきたい」と笑顔。さらに、対戦したい打者には熊本・九州学院高の後輩にあたるヤクルト・村上を挙げ「今では雲の上の存在ですが対戦したときには負けない気持ちをもってやりたい」と夢をふくらませた。

 伊勢は九州学院高時代の2015年に春夏甲子園出場。明大では東京六大学リーグ戦で通算19試合に登板し4勝3敗、防御率2・56。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントは受け付けていません。