大阪狭山、ホストVへ強豪相手に粘り勝ち…第15回大阪阪南1年生親善大会(スポーツ報知)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

出典元:大阪狭山ナインは、この日欠場した選手のユニホームを掲げガッツポーズ

◆第15回大阪阪南1年生親善大会 ◇中学1年生の部▽2回戦 大阪狭山ボーイズ4―3紀州ボーイズ=タイブレーク(5、6日・浜寺公園No.1野球場ほか)

 「第15回大阪阪南1年生親善大会」が5日開幕。ホストを務める大阪阪南支部の大阪狭山ボーイズはタイブレークの末、強豪の紀州ボーイズ(和歌山県支部)に競り勝ち3回戦進出を決めた。

 高めのボール球を冷静に見極めた。タイブレークに入った7回1死満塁。大阪狭山の9番打者・清家は自信を持って投球を見送った。「高めの球には、絶対手を出さないと決めていた。選球眼には自信がある」。押し出し四球を選んだヒーローは雄たけびを上げながら一塁へ。三塁から中條が決勝のホームを踏んだ。

 その裏、1点差の重圧にも負けず、先発・田渕が最後の力を振り絞り、紀州打線を封じた。主将も務める田渕は「変化球の制球に気をつけた」とチェンジアップを決め球に、直球、カーブ、スライダーを巧みに織り交ぜ見事完投。「しっかりコースに投げ込めるようリードした」という女房役の川西は、4回無死一塁から適時三塁打を放ちエースを援護した。

 初回、先制打を放って流れをつくった井本も「みんなを盛り上げるため、絶対打つと打席に立った」と勝利に貢献し笑み。土壇場の6回に追いつかれる苦しい展開でも勝利をつかんだ。そんなたくましいナインに、西澤監督代行も「今のチームワークだったら優勝できる」と納得の様子。全員野球で目指すは、もちろんホスト優勝だ。

【広告】

世界も驚く!

注目の置き換えダイエット

初回540円~スナック菓子でダイエット 



コメントは受け付けていません。