本田圭佑のカンボジアが歴史的大敗…イラン戦の14失点はワースト記録大幅更新(フットボールチャンネル)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:女性ファンも入場したイランのアザディ・スタジアム【写真:Getty Images】

2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選のイラン代表対カンボジア代表戦が現地時間10日に行われ、ホームのイランが14-0で勝利を収めた。カンボジア代表にとってはワースト記録を大幅に更新する史上最悪の敗戦となった。

【動画】本田圭佑、実は試合に出ていた?仰天の真実が明かされる

 40年ぶりにイランのスタジアムに女性ファンの入場が認められ、“歴史的一戦”として注目を集めていたカンボジア戦。約3500人の女性ファンの後押しも得たイラン代表は、スコアの上でも歴史に残る試合を演じてみせた。

 イランは前半5分に先制点を奪うと、次々とゴールを重ねて前半だけで7得点。後半もゴールラッシュは止まらず、さらに7点を加えてリードを広げ、最終的に14点の大差で試合を終えた。

 前回のロシアワールドカップのアジア2次予選では、カンボジアは日本代表とも同居したグループを8戦全敗で終えていた。だが本田圭佑が実質的監督となった今回は、初戦の香港戦に引き分けて2次予選初の勝ち点1を獲得。続くバーレーン戦でも終盤までスコアレスで粘って惜敗する健闘を見せていた。

 本田はイランへと向かう前に、「彼らから次のレベルを学ぶことができると思う」とツイッターで投稿。アジア屈指の強豪であるイランを相手に敵地で結果を出すことは難しいとしても、チームの成長に繋がる戦いが期待されたが、あまりにも手厳しいレッスンとなってしまった。

『FOXスポーツ』アジア版によれば、「14-0」というスコアはカンボジアにとって史上最多得点差での敗戦。1995年のインドネシア戦に10-0で敗れたのがこれまでのワースト記録だったが、その失点数を4点も上回った。

 一方、イランにとっても歴史に残る大勝のひとつではあるが、最多得点記録ではない。2000年に行われたグアム戦(2002年ワールドカップ予選)では「19-0」、1997年に行われたモルディブ戦(1998年ワールドカップ予選)では「17-0」の勝利を記録したこともある。

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。