日本、世界5位ロシアに10年ぶり勝った!中垣内監督「非常に驚き」/バレー(サンケイスポーツ)

【広告】   ハッピーソックス

 

ハッピーソックスであなたも皆もハッピーに!

ハッピーソックスの商品は全てが送料無料です!

  商品は1点からでも購入可能

バレーボール・W杯男子大会第7日(10日、広島県立総合体育館)世界ランキング11位の日本は、同5位で2012年ロンドン五輪金メダルのロシアを3-1で破り、2大会連続となる5勝目(2敗)を挙げた。ロシアからの勝利は2009年のワールドリーグ以来で10年ぶり。ロシアは3勝4敗。第1セットを石川祐希(23)=イタリア・パドバ=のサーブなどで先取。第2セットは落としたが、第3、4セットと流れを引き戻した。

 格上のロシアを撃破すると、石川らは雄たけびをあげて喜んだ。2009年から続いた連敗を13で止めれば、W杯での勝利は史上初の快挙だ。

 「まだまだ甘いところはありますけど、きょうの1勝は非常に大きい」

 チーム全体でサーブがさえ渡った。サービスエースは西田(ジェイテクト)の5本を筆頭に計12本。ロシアの7本を大きく上回った。5連続失点で始まった第1セットも石川のサーブを起点に流れを引き戻して25-22。第3セットは西田の強気なサーブで、第4セットは福沢(パナソニック)が巧みにコート前方に落として連続得点した。

 中垣内監督は「ロシアに勝てたということに非常に驚きを持っている」と目を丸くしつつも「それぞれのポジションで、自信を持ってプレーできている」と選手らの成長をたたえた。

 「またあしたから、気を引き締めて取り組みたい」と石川。勝利数は20年ぶりに5勝を挙げた前回大会に早くも並んだ。7戦を終えて白星が3つも先行。メダル獲得へ、一気に突き進む。

 ◆主催 国際バレーボール連盟

 ◆共催 ワールドカップ2019組織委員会、日本バレーボール協会、フジテレビジョン、産経新聞社、サンケイスポーツ、ニッポン放送ほか

 ◆主管 ワールドカップ2019実行委員会、各開催地バレーボール協会

 ◆後援 外務省、スポーツ庁、日本スポーツ協会、日本オリンピック委員会

 ◆特別協賛 日産自動車、ジャパネット

 ◆協賛 久光製薬、三基商事

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。