【大迫不在どう乗り切る?岡島記者が提案】浅野、スピードでかき乱す…“偽”を置くより別の道のプロ(スポーツ報知)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

出典元:岡島の提案

◆W杯アジア2次予選 日本―モンゴル(10日、埼玉スタジアム)

 サッカー日本代表は8日、22年カタールW杯アジア2次予選モンゴル戦(10日・埼玉)、タジキスタン戦(15日・ドゥシャンベ)に向けた合宿2日目をさいたま市内で行った。FW大迫勇也(29)=ブレーメン=不在で臨む2試合を前に、日本代表担当の3人が森保ジャパン最大のテーマ解消法を提言する。

 浅野は潔かった。その心意気は間違いじゃないはずだ。「(ポストプレーは)強みじゃない。大迫さんと同じようなプレーをしろと言われても無理。自分の良いところを出せるようにしたい」。今回選出されなかった代表候補のFW陣を含め、大迫基準のポストプレーができる日本人など誰もいない。大迫はオンリーワンの存在だ。

 だからこそ、不在時の1トップにはスピードあるタイプを起用したい。日本の最大の長所である2列目を生かす1トップは、足元でボールを受けるタイプだけではない。俊足を生かして相手DF陣をかき回せられれば、2列目が前を向いて仕掛けるチャンスも増える。“偽・大迫”を置くよりも、別の道のプロ、中でも俊足タイプを置いた方が攻撃はスムーズにいくだろう。あえて同タイプの2選手を同時招集した森保監督も同じことを考えているはずだ。(岡島 智哉)

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。