前半で交代の伊東純也には現地メディア酷評。「20分で代えるべきだった」(フットボールチャンネル)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ヘンクの伊東純也【写真:Getty Images】

チャンピオンズリーグ(CL)E組第1節のザルツブルク対ヘンクが現地時間17日に行われ、ホームのザルツブルクが6-2で勝利を収めた。ヘンクの日本代表FW伊東純也に対しては、現地メディアが厳しい評価を下している。

 日本人対決となったCL開幕戦に、ザルツブルクの南野拓実とヘンクの伊東が先発出場。奥川雅也も後半途中からの交代で出場した。南野が2アシストなどの活躍でザルツブルクの大勝に貢献する一方で、伊東はハーフタイムで交代してベンチに下がることになった。

 ベルギー『ニュースブラット』は伊東に対して10点満点で「4」と低採点。「あまりにもわずかなものしかもたらさず、間違った選択をすることが多かった」と評している。

『HLN』ではチーム最低タイの採点「3」とさらに厳しい。「20分で下げられてもおかしくなかった。むしろそうするべきだったかもしれない。ベテランの(アンドレアス・)ウルマーに抑えられた。あまりにも軽すぎた」と寸評を記した。

 ベルギー王者として8シーズンぶりのCL本大会出場を果たしたヘンクだが、初出場のザルツブルクに大敗を喫して苦しいスタートとなった。10月2日に行われる次節の試合では、初戦で昨季王者リバプールを破ったナポリとホームで対戦する。

【広告】

気になる高めの血圧に

理研ビタミン 



理研ビタミンが発見した、

わかめ由来の機能性関与成分が

高めの血圧に働きかけます

コメントは受け付けていません。