松坂世代がまた一人…日本ハム・実松が引退「ファンに感謝」(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

日本ハムは17日、実松一成2軍育成コーチ兼捕手(38)が今季限りで現役を引退すると発表した。球団を通じて「21年間、いろいろな経験をさせていただいた。ファンの皆さまには感謝の思いしかない」とコメントした。

 実松は佐賀学園高から1999年にドラフト1位で日本ハム入りし、2006年に巨人に移籍。18年から日本ハムでコーチ兼任としてプレーしていた。通算成績は516試合で打率・166、20本塁打、58打点。中日・松坂大輔投手(39)と同じ1980年度生まれ。松坂世代がまた一人、ユニホームを脱ぐ。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。