阪神・青柳、近本の新人王を“アシス投”宣言!村上に3被弾「しっかりやり返したい」(サンケイスポーツ)

【広告】   ハッピーソックス

 

ハッピーソックスであなたも皆もハッピーに!

ハッピーソックスの商品は全てが送料無料です!

  商品は1点からでも購入可能

近本の新人王を“アシス投”! 阪神・青柳晃洋投手(25)が17日、甲子園で行われた投手指名練習に参加。18日のヤクルト戦(甲子園)に先発する右腕は、村上宗隆(19)&山田哲人(27)両内野手封じを宣言した。

 打たせない! 走らせない! 18日に先発する青柳が、近本の新人王への援軍投球を約束した。

 「タイトルが出るのはうれしいことですし、狙える位置にいる近本もすごい。僕は山田哲人さんを(塁に)出さないことが一番。(試合に)出ない可能性もありますけど、対戦するからには塁に出てほしくない。僕が抑えることでつながるのであればうれしいです」

 1学年下の近本は現在、33盗塁。山田哲と並び、セ・リーグトップに立っている。虎の野手でタイトルを獲得すれば2014年のマートン(首位打者、打率・338)、ゴメス(最多打点、109打点)以来、盗塁王となれば05年の赤星憲広(60盗塁)以来だ。

 青柳は今季、山田哲を11打席で無安打に封じながらも3四球を許している。塁に出せば走ってくる可能性が高い相手であるだけに、まずは出塁を防ぐことで貢献する。

 青柳のターゲットは山田哲だけではない。近本と新人王争いでデッドヒートを繰り広げている村上は天敵中の天敵だ。

 今季の対戦では11打数5安打。被打率・455。自己ワーストの3本塁打を献上している。前回登板11日の甲子園でも六回途中3失点で8勝目を挙げたものの、村上に左翼席にソロを浴び、そのまま降板した。

 「前回も村上にホームランを打たれて交代していますし。やられっぱなしで終わるわけにはいかない。そこはしっかりやり返したいと思います」

 開幕から先発ローテを守り続け、自身初となる10勝まで、2勝。1度でも負ければ厳しくなる。

 「(2桁勝利は)シーズン最初から目指しているところ」

 あと14回1/3で規定投球回にも到達する。昨季は1勝止まり。今季年俸1200万円からの大化け。近本への“アシス投”こそ、有終の美を飾るにふさわしいマウンドとなる。

 「少しでも上を目指しているチームなので、最初から全力でいきたいです」

 甲子園でのヤクルト戦は2戦全勝。「近本に新人王」を合言葉に、青柳が最後の力を振り絞る。

【広告】

令和元年

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。