新人王へ大前進!ヤクルト・村上が34号&35号、怪童・中西にあと「1」(サンケイスポーツ)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

出典元:八回に左翼席へ35号ソロを放つ村上。逆方向に長打を打てるのが強みだ (撮影・加藤孝規)

(セ・リーグ、広島4-6ヤクルト、25回戦、広島13勝12敗、16日、マツダ)ヤクルト・村上宗隆内野手(19)が16日、広島最終戦(マツダ)の四回に34号ソロ、八回に35号ソロを放ち、1953年に西鉄・中西太が記録した高卒2年目シーズン最多の36本塁打まで、あと1本に迫った。今季2度目の1試合2発で、セ・リーグ3位の35本塁打、同2位の94打点に伸ばし、新人王にも前進。2年目で大きな飛躍を遂げた“令和の怪童”が、チームを9月初の連勝に導いた。

 広島の青空に向かって、大きなアーチが伸びていく。昨年9月16日にプロ初打席本塁打を記録してから、ちょうど1年。“令和の怪童”へと成長した村上が、今季2度目の1試合2発をマークした。

 「しっかりスイングして、いい打球が飛んでくれた。(逆方向は)少しは意識がありました」

 四回無死、広島のエース、大瀬良からバックスクリーン左へ34号ソロを放った。4試合ぶりの一発で勢いづくと、2本目は八回に左腕の中村恭から左翼席へ35号ソロだ。

 香川・高松一高時代から圧倒的な打撃力で「怪童」と呼ばれた中西太が、高卒2年目の1953年にマークした36本塁打まで、あと1本。球界の大先輩が打ち立てた金字塔を視界に捉えた19歳へ、うれしいプレゼントが届くことになった。

 手渡すのは6日に日米通算300号を達成したバレンティンだ。燕の主砲は村上を「いい打者でパワーも素晴らしい。将来が非常に楽しみな打者だ。35本を打ったら、時計をプレゼントすると約束しているんだ」と評価し、高級時計を贈ることに決めた。

 春先に村上が、バレンティンが着けていた軽く100万円を超えるスイス製時計「ウブロ」に一目惚れ。そこで目標を設定し、プレゼントの約束を交わしたという。

 ここまでチームの全136試合に出場し、35本塁打(セ3位)で94打点(同2位)。チームでは2013年の小川以来となる新人王も射程圏に入った。入団1年目の昨季は、6試合でわずか14打席しか立っておらず、資格は十分に有している。当の本人は「すべて終わって、結果が付いてくるものだと思う」と冷静だが、出塁率・330は、ライバルの阪神D1位・近本(大阪ガス)の・315を上回っている。

 19歳を粘り強く起用してきた小川監督も「逆方向に打てて素晴らしい。理想のバッティングをしている」と絶賛した。今季限りで退任する指揮官は、この日本塁打を放った村上、広岡、中山に期待を込めた。

 「一試合一試合、全力でプレーするだけです。あさって(18日)からの甲子園に向けて、しっかり準備していきたい」

 最下位に沈むヤクルトの希望の星。残り7試合も全力で挑む。

【広告】

世界も驚く!

注目の置き換えダイエット

初回540円~スナック菓子でダイエット 



コメントは受け付けていません。