中村がメダル宣言!本番で銅「届く」 MGC優勝、マラソン五輪切符から一夜明け(サンケイスポーツ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:中村は用意されたバースデーケーキに笑顔を見せた。祝福のメッセージが殺到しているという (撮影・鈴木智紘)

2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)で出場権を獲得した男女4選手がレースから一夜明けた16日、東京都内で取材に応じた。男子を制した中村匠吾(富士通)が1992年バルセロナ五輪銀メダルの森下広一以来、28年ぶりの表彰台に照準を定めた。この日、誕生日を迎えた27歳は序盤のスピードに磨きをかけ、自慢の末脚を生かしてメダルを狙う。

 これ以上ない船出となった。レースから一夜明けたこの日は、27歳の誕生日。用意されたケーキで祝福されると、寡黙な中村がはにかんだ。

 「おかげさまで27歳をいい日に迎えることができました」

 前日15日の残暑と打って変わり、朝の東京では冷たい雨が降った。暑さに強く気温30度近い消耗戦を制したランナーは「天候に恵まれました」と笑いを誘った。

 発着点を除いて五輪と同じコースのMGCを経験し、本番へのイメージがふくらんだ。ラスト2・195キロで6分18秒の好タイムを刻んだ末脚には自信がある。「(課題は海外勢に)前半から行かれたときの対応力」。下り基調の序盤のスピードを上げることが重要と見極める。

 目標は表彰台。日本男子は1992年バルセロナ五輪の森下広一の銀以来、遠のく。この先は来年元日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)を目指し、マラソンとの両立を図る。「駅伝では1キロ3分を切る高速化が進んでいる。マラソンにもプラスになる」。スピードを磨くため、1000メートルを中心としたインターバル走の精度も上げるつもりだ。

 「世界陸上や五輪を見ていると1位と3位は差がある。3位だと隙がある。銅メダルは十分に届く」。武器につなげるための課題をつぶし、日本マラソン史を動かす。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。