フォワ賞3着のキセキは予定通り凱旋門賞へ 角居師「脚もとは無事」(スポーツ報知)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

出典元:キセキ

仏G2のフォワ賞(9月15日・芝2400メートル、パリロンシャン競馬場)で3着に敗れたキセキ(牡5歳、栗東・角居勝彦厩舎)は一夜明けた16日、滞在先のシャンティイ地区で元気な姿を見せた。

 パリ近郊にあるメゾンラフィット競馬場を訪れた角居調教師はこの日、「脚もとは無事で、馬は落ち着いています」とキセキの状況を説明した。

 今後は予定通り、クリストフ・スミヨン騎手(38)=ベルギー=とのコンビで凱旋門賞・G1(10月6日、パリロンシャン競馬場、芝2400メートル)に向かう。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。