【みんなの反省会】セントライト記念~勝ち馬は菊花賞に向けて収穫ある一戦だったby山本忍TM(サンケイスポーツ)

【広告】   ハッピーソックス

 

ハッピーソックスであなたも皆もハッピーに!

ハッピーソックスの商品は全てが送料無料です!

  商品は1点からでも購入可能

出典元:セントライト記念を快勝し菊花賞に向けて好スタートを切ったリオンリオン

デスク 菊花賞のトライアル、セントライト記念は1番人気のリオンリオンが快勝した。今回登場してもらう関東競馬エイトの山本忍トラックマン(TM)は残念ながら不的中。中山競馬場で実際にレースを見ていた勝ち馬の印象は? 君の印は△だったね。

山本TM そこ聞きます?

デスク 反省会だからね。

山本TM 本番の菊花賞を見据えて逆算しながらつくっているのかなと邪推したので…。馬体重が12キロ増と発表されたときは余裕残しと思ったんですが、パドックで見たら全然太くなかった。「サンスポZBAT!競馬」のリアルタイム情報には「馬体増も力出せる状態」という寸評を送ったんです。12キロは丸々、成長分でしたね。

デスク レースを振り返ってよ。

山本TM 好スタートを切りましたが、他馬にハナを制されてインの3番手になりましたが、道中の折り合いは終始スムーズでしたね。鞍上(横山典弘騎手)は、行く馬がいなければ逃げて、他の馬が行ったらその後ろを追走と思っていたのでは。プラン通りの競馬だったと思いますよ。直線は前2頭の間を割って抜け出して快勝。これまでの逃げ一辺倒から脱却したので、菊花賞本番に向けて収穫ある一戦になりましたね。

デスク 菊花賞へ向けて展望が開けた、と。

山本TM そうですね。鞍上がある程度コントロールできるようになっていたのは収穫です。肉体だけでなく精神も成長。本番への上昇度もあるだろうし、印を回すつもりです。

デスク 君が本命にした8番人気のサトノルークスが2着。

山本TM 皐月賞の反省会で、僕が「14着のサトノルークスは馬体面で成長してほしい。完成されるのは秋以降かもしれない」と話したのは覚えています?

デスク そうだったね。

山本TM 春はひ弱な馬でしたが、夏を越して良くなるだろうと思っていたんです。お姉さんのタッチングスピーチも3歳の夏を越して成長してローズSを勝ったので、弟にも同様の期待を込めて◎を打ちました。パドックで見たときは、もう少し幅があってもいいかなと思いましたが、やっぱり成長していましたね。レースは中団のインから折り合いをつけながらの追走で、直線は狭いスペースをこじあけると、最後は懸命に伸びて2着に浮上。春から成長した姿を見せることはできたし、距離が延びて良さそうなタイプだけに、この馬にも菊花賞で印を回そうかなと思っています。ただ、本格化はもう少し先かもしれません。

デスク 3着は3番人気のザダル。3着までが菊花賞の優先出走権を獲得した。

山本TM この馬は調教で力み気味だったので、折り合い面がどうかと思って△に留めたんです。好位のインに収まったことでうまく折り合いがつきましたね。ロスなく運んで最後上位争いに加わりましたが、ゴール前で2着馬にかわされてしまいました。本質的には2000メートルの馬という気がします。

デスク 4着は5番人気のルヴォルグ。

山本TM パドックではテンションが高かったけど、レースでは中団の外でムキになる面はなかったですね。ただ、最後はコース取りの差が大きく響いた格好です。

デスク 2番人気のニシノデイジーは5着だった。

山本TM 例によって後方からの待機策。直線は馬場の大外から懸命に伸びてきましたが、さすがに距離ロスの大きい内容で、ここまでが精いっぱいでした。ある程度前につけた競馬を見てみたいですね。6着だったタガノディアマンテも差し一辺倒の脚質だけに、今回はやむを得ない。

デスク ほかに気になったのは?

山本TM 4番人気で14着だったオセアグレイトですね。中団追走から早めに動きましたが、直線を向いてから脚が持続しませんでした。一線級とは初対戦だけに今回は力負けでしたが、この経験が次に生きると思います。この馬、スタミナはありますよ。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。