ロッテ、連敗止めた“ヒゲ男ディズム”で天敵の西武・本田攻略(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

ロッテは16日、西武24回戦(メットライフ)に9-3で大勝し、対西武の連敗を8でストップ。4位・楽天とのゲーム差を1で保ち、3位を守った。

 今季4戦4敗と苦手にしていた西武・本田圭佑をついに沈めた。今季から顎ひげをたくわえた天敵攻略のキーマンは、ロッテの2人の“ヒゲ男(ダン)”だった。

 ロッテの主砲・井上はこの試合まで16打数無安打。カード2戦目にはスタメン落ちも味わった。不振脱出、そして天敵攻略へ「本田対策です」と右腕に合わせて、無精ひげを4日間そらずにたくわえた。「外や低めにくる球もあるけど、シンプルに打てる球を打つ」と1打席目で右前打を放つと、六回無死一塁から左中間へ二塁打。ここから打線がつながり、本田をノックアウトした。

 こうなればロッテの“元祖ヒゲ男”先発の石川が要所をおさえ、7回3失点。不調で中継ぎ配置転換も経験した開幕投手が、8月13日の先発転向後は無傷の4連勝でチームを勝利に導いた。

 「宿命」の対戦に「グッバイ」。CSに進めば再戦の可能性もある天敵・本田を、ロッテが“ヒゲ男ディズム”で打ち崩し、大きな1勝を手にした。

【広告】


コメントは受け付けていません。