阪神・ガルシア、3勝目の権利を持って降板 5回1/3を4安打1失点(サンケイスポーツ)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

阪神のオネルキ・ガルシア投手(30)が16日の巨人戦(東京ドーム)に先発し、5回1/3を4安打1失点。3勝目の権利を手にして降板した。

 1-0の四回に小林に同点の適時打を献上したが、失点はその1点のみ。ピンチを背負いながらも粘り強く丁寧に投げた。勝ち投手となれば、6月2日の広島戦(マツダ)以来107日ぶり。2番手・島本にマウンドを託し、ベンチ最前列から祈るように戦況を見つめた。

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。