【ローズS】レースを終えて…関係者談話(サンケイスポーツ)

【広告】   ハッピーソックス

 

ハッピーソックスであなたも皆もハッピーに!

ハッピーソックスの商品は全てが送料無料です!

  商品は1点からでも購入可能

◆和田騎手(シゲルピンクダイヤ4着)「レース前にイレ込んで手こずったし、使って次のイレ込み具合がどうなるのか…」

 ◆池添騎手(メイショウショウブ5着)「距離が気になったのでそれを考えながら乗りましたが、最後は同じ脚いろになったし、長かった感じですね」

 ◆ルメール騎手(スイープセレリタス6着)「外枠からハナに立つ競馬になったし、距離も長かったかも。まして速い馬場で強い相手だったからね」

 ◆北村友騎手(モアナアネラ7着)「理想はもっと前で運ぶことでしたが、二の脚がつかなかった」

 ◆浜中騎手(アルティマリガーレ8着)「初の強いメンバーが相手。まだこれからの馬だと思います」

 ◆岩田康騎手(シャドウディーヴァ9着)「敗因がよく分からない。休み明けなのか、行きすぎたのか、それとも脚がたまっていなかったのか…」

 ◆岩田望騎手(ビックピクチャー10着)「コーナーで外に張ってロスがありましたし、直線も左に張って追いづらくなりました」

 ◆幸騎手(ベストクィーン11着)「スタート直後はいいポジションでしたが、前の馬が下がってきたときに一緒に下がり、イメージよりも後ろになりました」

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。