ファン・ウェルメスケルケン際が2アシストで大勝に貢献。2戦連続先発で結果(フットボールチャンネル)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:PECズヴォレのファン・ウェルメスケルケン際【写真:Getty Images】

オランダ・エールディビジ第6節のPECズヴォレ対RKC戦が現地時間15日に行われ、ホームのズヴォレが6-2で勝利を収めた。ズヴォレのDFファン・ウェルメスケルケン際は先発でフル出場し、2アシストを記録している。

 今季からズヴォレに加入した25歳の元U-23日本代表DFファン・ウェルメスケルケンは前節の初先発に続いて2試合連続のスタメン出場。同チームのMF中山雄太はベンチ入りしなかった。

 試合はアウェイのRKCが2-1でリードして前半を折り返す。だがズヴォレは移籍市場最終日に加入して初出場となる元イラン代表FWレザ・グーチャンネジャドを56分に投入すると、その4分後にグーチャンネジャドが2-2の同点ゴールを挙げた。

 さらに81分、ファン・ウェルメスケルケンのクロスから再びグーチャンネジャドが逆転のゴール。ファン・ウェルメスケルケンは今季4試合目の出場で初のアシストとなった。グーチャンネジャドは83分、88分にもゴールを挙げてズヴォレのリードを広げ、移籍後初出場から30分あまりで4得点を叩き出している。

 最後はアディショナルタイムの93分、ファン・ウェルメスケルケンの2アシスト目からグスタボ・ハメルが6点目のゴール。ズヴォレは前節の今季初勝利に続いて連勝を飾った。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。