聖光学院が19年ぶり秋初戦敗退 斎藤監督、まさかのコールド負けに「力不足」(スポーツ報知)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:初戦敗退、泣きながらベンチに引き上げる聖光学院の選手たち

◆秋季高校野球 福島大会 ▽2回戦 学法石川10―2聖光学院=7回コールド=(15日、ヨーク開成山)

 福島2回戦で、今夏13年連続甲子園出場の聖光学院が学法石川に2-10の7回コールドで敗れた。

 まさかのコールド負けで2000年以来となる秋初戦敗退。聖光学院の選手たちは泣きじゃくりながらベンチへ戻っていった。斎藤智也監督(56)は「大敗ですから。力不足を感じています」と言葉少なに話した。

 5回の6失点は3点が暴投。“自滅”した形に指揮官は「練習試合でもなかったこと。これが公式戦」。7安打の打線もつながらず、得点はソロ本塁打2本の2点だけと攻守両面で課題が浮き彫りとなった。「何かが足りないから負けた」と気丈に語った内山連希主将(2年)。悔しさを胸に、来春には成長した姿を見せる。

【広告】


コメントは受け付けていません。