メッシ不在のアルゼンチン代表が4-0でメキシコ代表を粉砕。インテルFWがハットトリックの活躍!(フットボールチャンネル)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ラウタロ・マルティネス【写真:Getty Images】

【アルゼンチン代表 4-0 メキシコ代表 国際親善試合】

 国際親善試合のアルゼンチン代表対メキシコ代表が現地時間の10日に行われた。試合は4-0でアルゼンチン代表が勝利を収めた。

 アルゼンチンはワントップにインテルFWラウタロ・マルティネスを起用。中盤にはMFロドリゴ・デ・パウル、エセキエル・パラシオス、マルコス・アクーニャ、アレクシス・マック・アリスター、レアンドロ・パレデスが入った。FWパウロ。ディバラはベンチスタート。FWリオネル・メッシは怪我のため、今回の代表には招集されていない。

 試合が動いたのは、16分だった。パレデスがセンターライン付近で前線のマルティネスにパスを供給。マルティネスはそのまま個人技でペナルティエリア内に侵入し、左足を振り抜くと、ボールはゴール右に吸い込まれた。その後、マルティネスは22分と39分にもゴールを決め、ハットトリックを達成した。パレデスが33分にPKを決め、アルゼンチンは前半のうちに4点のリードを奪う。

 その後は、両チーム得点はなく、4-0でメッシ不在のアルゼンチン代表が勝利した。現地時間の5日に行われたチリ代表との親善試合ではスコアレスドロー、メキシコ戦では4-0の大勝を収め、アルゼンチンはこの代表ウィークを1勝1分で終えている。

【得点者】
17分 1-0 ラウタロ・マルティネス(アルゼンチン)
22分 2-0 ラウタロ・マルティネス(アルゼンチン)
33分 3-0 レアンドロ・パレデス(アルゼンチン)
39分 4-0 ラウタロ・マルティネス(アルゼンチン)

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。