阪神・木浪、口火執“粘”打!一回いきなり14球投げさせた(サンケイスポーツ)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

(セ・リーグ、広島3-7阪神、23回戦、阪神12勝11敗、7日、マツダ)ファウル、ファウル、またファウル。プレーボール直後の“ファウルショー”が、崖っぷちの虎に勇気とパワーをもたらした。主役は木浪。1番打者が粘って粘って14球目を中前打。カープ先発薮田はガックリだ。1死後、福留の右越え二塁打で一気に先制のホームを踏んだ。

 「絶対に初回から出てやるという気持ちが強かったので、ああやって粘って球数を費やさせて塁に出られたのはよかったです」

 一回の「かえる男」が二回には「かえす男」に。2死一、二塁から貴重な追加点となる右越え適時打で今季27度目のマルチ安打。虎新人最長タイまで伸ばした13戦連続安打は前夜(6日)に途切れた。が、元気一杯再スタートだ。

 「きょうは何としても勝つという声がチームの中でもあったので。あしたが大事になると思うので、あした勝つために自分ができることを一生懸命やるだけです」

 ルーキーが試合を重ねるごとに、1番打者らしくなっている。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。