久保建英「気負い過ぎても良いことはないので、あくまでも自然体に」…一問一答(スポーツ報知)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

出典元:練習前にストレッチする久保建英(カメラ・宮崎 亮太)

7大会連続のW杯出場を目指す日本代表は7日、現地入り後の初練習を行った。雨期のスコールに選手が驚く中、MF久保建英(18)=マジョルカ=は「暑いよりいい」と超ポジティブ。自身初となるカタールW杯アジア2次予選初戦のミャンマー戦(10日)に自信を示した。

 ◆久保に聞く

 ―いよいよW杯予選が始まる。

 「練習前に監督からも話があって、あらためてW杯予選に来ていると思いました。気負い過ぎても良いことはないので、あくまでも自然体に振る舞いつつ、試合に絡むチャンスあれば全力でやりたい」

 ―イメージはできているか。

 「どういう状況で入るか分からないので、臨機応変に対応できれば。点が入ればガラッと変わるんじゃないかなと思います」

 ―練習ではシュートの感触を確かめていた。

 「フィーリングは全く悪くないし、あとは試合の流れを見極めるのも大切かなと思います」

 ◆U―23アジア選手権予選の久保 今年3月にミャンマー・ヤンゴンで、来年タイで行われる本大会の予選が行われた。8―0で勝利した初戦のマカオ戦では後半33分から出場し、終了間際にCKから板倉の得点をアシスト。6―0で勝利した第2戦の東ティモール戦では先発し、後半9分に約25メートルから直接FKで得点。同30分にも左足ボレーで2点目を挙げた。7―0で大勝した最終戦のミャンマー戦では後半23分から出場し、同34分に中山の得点を演出。3試合で2得点2アシストの活躍だった。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントは受け付けていません。