バルサ新加入の第2GK、手首の舟状骨骨折のため手術へ。最低1ヶ月は離脱か(フットボールチャンネル)

出典元:ネト【写真:Getty Images】

バルセロナが12日、負傷した30歳のブラジル代表GKネトが手術を受けることになったと発表。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 ネトは練習中に左手首を痛め、親指の付け根にあたる舟状骨を骨折していた。クラブの発表によると、手首の舟状骨骨折であると診断されたため手術を受けることになったという。離脱期間については明かしていないが、スペイン紙『マルカ』によれば、少なくとも1ヶ月は戦線離脱することになるようだ。

 過去にフィオレンティーナやユベントスなどでもプレーしたネト。過去2年間はバレンシアでレギュラーGKを務め、今夏にバルサへ完全移籍で加入した。移籍金は2600万ユーロ(約30億7000万円)+ボーナス900万ユーロ(約10億6000万円)と発表されている。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。