【新馬戦】ハープスターの半妹、ゴールドティア素質十分!20日の中京5Rで初陣(スポーツ報知)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

出典元:上昇気配のゴールドティア(右)

偉大な姉に続きたい。20日の中京5R(芝1600メートル)に出走するキングカメハメハ産駒のゴールドティア(牝)は14年桜花賞を勝ったハープスターを半姉に持つ。その姉がデビューVを飾った夏の中京で初陣を迎える。

 先週の栗東・CWコースでは遅れたが、今週の栗東・坂路では54秒4―12秒3で軽快な動き。ひと追いごとに上向いてきた。「競馬を使えば、がらっと変わってきそう。上に比べて扱いやすいですね。走りはゆったりしていますし、体つきはいい」。池添学調教師は自ら管理した姉2頭(リュラ、アスティル)と比較しつつ、まだ完成途上ながらも素質の片りんを感じ取る。初戦からしっかり結果を出しても決して驚けない。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。