【尾車親方の目】友風、鶴竜に当たって砕けて学べ 13日目結びの一番(スポーツ報知)

出典元:逸ノ城(左)は友風を寄り切りで下す(カメラ・越川 亘)

◆大相撲名古屋場所12日目 ○逸ノ城(寄り切り)友風●(17日・ドルフィンズアリーナ)

 友風の敗因は左上手を取られたこと。逸ノ城に立ち合い、左からの張り差しを食らい不利な体勢になった。もろ差しになってというよりも、引っ張り込まれてもろ差しにならざるを得ない状況でもあった。しかも深く差す形になって外からガッチリと固められてしまった。浅くまわしを取って横に張り付けば少しは変わっていたかもしれないが、あの形で227キロを動かすことはできない。

 今場所の友風は体がよく動いている。まさかこの地位で9番も勝つとは思わなかった。今場所ははたき込みや一気に前に出る相撲以外にも小手投げなどで白星をつかんでいる。足首が細いため大きな体の割りには小回りが利く。さらに土俵をうまく使っていることも好調の要因になっている。

 13日目はいきなり結びで横綱・鶴竜が相手。こんなに早く結びで取るとは思わなかったが、勝負師なら当たって砕けて、そして学んで来いと言いたい。(スポーツ報知評論家)

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントは受け付けていません。