プロ初先発の阪神・望月が5回4失点で降板、初白星はつかめず(サンケイスポーツ)

出典元:先発の阪神・望月=豊橋市民球場(撮影・甘利慈)

プロ初先発の阪神・望月惇志投手(22)が17日の中日戦(豊橋)で5回9安打2被弾。4失点で降板。打線の4点の援護を受けたが、粘りきることができなかった。

 二回無死二塁から京田の中前適時打で同点。四回には2死から堂上に右翼席へ8号ソロ。五回に平田に同点6号2ランを浴び、打線にもらったリードを守りきることはできなかった。

 チームは現在5連敗中。貧打に苦しむ打線が大山の自己最多タイとなる11号ソロなどで4点を奪ったが、粘れなかった。

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。