宇野昌磨がメインコーチ不在で新シーズンへ 「自分のスケートを探したい」/フィギュアスケート(サンケイスポーツ)

出典元:陸上で表現を磨く練習を行った宇野昌磨

フィギュアスケート男子で2018年平昌冬季五輪銀メダルの宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=が15日、メインコーチを付けずに新シーズンに臨む異例の意向を示した。愛知・豊田市内で公開された有力選手による強化合宿で「僕一人で今季はやっていくと思う。不安はない」と説明した。

 5歳の頃から師事した山田満知子、樋口美穂子両コーチの下を6月に離れた。今後は地元の中京大に拠点を置き、元五輪代表の本田武史氏から月に数度ジャンプの指導を仰ぐ。「4回転を複数跳んでいる選手の近くで練習したい。同じくらいのレベルで、世界で戦っている選手の近くで毎日練習できたら」と思い描く。

 この決断を日本連盟はバックアップする。小林芳子強化部長は「(コーチを付けないのは)ルール的に悪いことはない。一緒に(遠征に)行くコーチが(リンクサイドに)立つなど連盟でサポートする」と約束した。

 宇野は6月中旬から1カ月間、大国ロシアに渡った。平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)らを指導する名伯楽のエテリ・トゥトベリゼ氏に師事。ジャンプやバレエのレッスンを受け「厳しい中に優しさも感じることができた」。9月にはスイスに向かい、五輪メダリストのステファン・ランビエル氏から指導を受ける予定だ。

 曲は絞られているものの、新シーズンのプログラムはまだ決まっていない。フリーでは、エキシビションのように観客を楽しませる演技を思い描く。「今までとがらっと変わったプログラムをやるのが楽しみ。自分のスケートを探したい」。独自の挑戦を前向きに捉える。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。