【マーキュリーC】武豊グリムが重賞4勝目「ファイトを出してくれた」(スポーツ報知)

◆第23回マーキュリーC・交流G3(7月15日・ダート2000メートル、盛岡競馬場、良)

 14頭(JRA5、地元5、他地区4)によって争われ、単勝1・3倍の圧倒的1番人気に推されたグリム(牡4歳、栗東・野中賢二厩舎)が武豊騎手を背に好位の3、4番手から直線で楽に抜け出し、重賞4勝目を飾った。勝ち時計は2分3秒2。

 2馬身差の2着に4番人気のノーブルサターン(鮫島良太騎手)、3番人気のテルペリオン(松若風馬騎手)が3着と、JRA勢が上位を独占した。

 武豊騎手(グリム=1着)「(ファンの大歓声は)ゴール前では聞こえていました。できれば逃げる形は取りたくなかったので、ああいう(好位からの)形を狙っていました。ペースもいい感じで流れましたし、道中も自信を持って乗ることができました。4コーナーはそれほど手応えはよくなかったんですけど、直線に向いたときにファイトを出してくれた。外から1頭来て、さらに伸びてくれた。盛岡競馬場のウィナーズサークルに立ててうれしい」

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。