【オリックス】田嶋が今季最短4回途中でKO「申し訳ないです」(スポーツ報知)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

出典元:4回1死一、三塁、交代を告告げられた田嶋大樹は、肩を落としベンチに戻る

◆オリックス―楽天(15日・京セラドーム大阪)

 オリックスの田嶋大樹投手(22)が今季最短の3回1/3を3失点でKOされた。99球を投げ、9安打2四球3奪三振だった。

 初回は制球が定まらず、1安打2四球で2死満塁を迎えたが無失点。2回も1死一、三塁を抑えた。しかし、2点リードの3回に2死一塁から3連打で同点とされた。4回は1死三塁で島内に勝ち越し中前適時打を浴び、1死一塁から浅村のゴロを二塁に悪送球して1死一、三塁となって降板した。「初回からボール球も多くテンポの悪い投球になってしまいました。早いイニングにマウンドを降りてしまい、救援陣に負担をかけてしまうこともそうですし、試合をつくることができず、申し訳ないです」と悔しがった。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。