都立紅葉川が八回コールド発進 エース砂川は8回無失点(サンケイスポーツ)

【広告】   ハッピーソックス

 

ハッピーソックスであなたも皆もハッピーに!

ハッピーソックスの商品は全てが送料無料です!

  商品は1点からでも購入可能

出典元:都立紅葉川・砂川=神宮球場(撮影・塩浦孝明)

東東京大会3回戦で第3シードの都立紅葉川が日大一に7-0で八回コールド勝ち。エースの砂川勇起投手(3年)が8回無失点の好投で快勝発進に導いた。

 開会式から8日空いての初戦。雨が続き屋外での練習もままならず、シャドーピッチングや素振りなどで調整。「不安もあったけど、楽しくやれば緊張もほぐれるかなと思いました」と笑顔で振り返った。田河清司監督が「1回持つかなと思った」というように、投球練習からストレートが荒れた。それでも得意のスライダー主体で打たせて取るピッチングに切り替え要所を抑えた。

 打線は日大一の左腕・岩瀬昂大投手(3年)に四回までノーヒットに抑えられていたが、五回に選手たちが「バスターで行こう」と提案。これが見事にハマり3連続長打などでこの回一挙5得点。八回にも2得点で試合を決した。

 次戦の課題にエースは「しっかり下半身を使って、コントロールを意識する」。この夏で勇退する田河監督のためにも負けられない。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。