阪神・近本、先頭で出て「勢いつける」 “球宴サイクルルーキー”今や全国区STAR!(サンケイスポーツ)

阪神は14日、15日の中日戦(ナゴヤドーム)から再開するリーグ戦に向けて、甲子園で全体練習を行った。矢野燿大監督(50)は虎戦士が大活躍した前日13日までの球宴を振り返り、チームの飛躍を確信。球宴史上2人目のサイクル安打を達成した近本光司外野手(24)も、改めて先頭に立って戦う覚悟を示した。

 夢舞台での大偉業から一夜。何倍もたくましくなって、近本が虎に帰ってきた。全てを左右する後半戦へ。疲れすら振り払うような力強い表情で、語気を強めた。

 「しっかり僕が先頭で出れば、勢いとか流れもつくと思う。そういうところで、自分の仕事がしたいですね」

 前日13日の球宴第2戦(甲子園)では新人選手では史上初のサイクル安打、先頭打者弾、1試合5安打など数々の金字塔を打ち立てた。「(反響は)ありました。LINEが150(件)くらいじゃないですか」。この日の朝は夫人が用意してくれた豚汁を食べ、自宅を出発。球宴明けの選手は免除されることの多い全体練習に参加して、フリー打撃で29スイングで12本の安打性を放ち、充実の汗をぬぐった。

 借金「2」、3連敗中で迎える後半戦。初戦の必勝はもちろんだが、16日は右肩炎症から復帰し、今季1軍初登板となる松坂が相手だ。平成の怪物と、今一番ホットなルーキーが相対する。

 「本当にすごく偉大なピッチャー。しっかり勝負を楽しみたいと思います」

 昨季は全6勝のうち阪神戦で3勝、防御率1・96をマークした虎キラー。右腕に好投を許せば、敵地は一気に青色に染まる。逆に近本が出塁して揺さぶれば、勝機はある。9・5ゲーム差で独走する首位・巨人の背中を、近本が先頭に立って追いかける。

 「とりあえず、あしたをどうやるかですね。勝てるように頑張ります」

 ここからが本当の勝負。新人王、そして悲願の栄冠に向けて、近本が駆ける。

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。