【球宴】阪神・近本、新人初先頭弾から史上2人目サイクル「100点。最高です」(スポーツ報知)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:1回無死、左中間へ先頭打者本塁打を放った近本(カメラ・泉 貫太)

◆マイナビオールスターゲーム2019 全セ11―3全パ(13日・甲子園)

 「マイナビオールスターゲーム2019」第2戦が甲子園で行われ、全セが計5発と爆発し、11得点で大勝。連敗を5で止めた。主役は阪神のドラフト1位ルーキー・近本だ。サイクル安打を達成し、MVPに選ばれた。球宴サイクル安打は1992年第2戦の古田敦也(ヤクルト)以来2人目で、新人では史上初。初回先頭弾を放つと、7回の三塁打まで5打数5安打で決めた。1試合5安打も01年第2戦のペタジーニ(ヤクルト)に並ぶ球宴タイ記録。全セは通算成績を79勝85敗11分けとした。

 土砂降りの雨の中、近本は大歓声を背に必死に走った。三塁打が出ればサイクル安打達成の7回2死一塁。打球は、前進守備のレフトの頭を越えた。二塁ベースを回ったところで一瞬ためらったが、中継プレーの“乱れ”に乗じて三塁へ。遊撃・源田の決して鋭くない送球を三塁・松田宣も「あ~捕れんかった」と捕り損ねる、“名アシスト”もあって、大記録を達成した。

 お祭りならではの“演出”に「自分だけじゃなく相手にも助けられたかなというのはあります」。阪神の選手が甲子園での球宴でMVP受賞は、72年第3戦の池田祥浩以来、2人目だ。「100点じゃないですか。最高です」。プロ野球選手としては小柄な身長170センチのルーキーはほほ笑んだ。

 いきなりのアーチでリズムに乗った。初回先頭で左中間スタンドに叩き込んだ。「生まれ育った地元甲子園で、ホームランを打つことができて最高にうれしい」。ルーキーの先頭打者弾は史上初で新人アーチも4人目。5度の快音を響かせ、決勝打、猛打賞は新人初で、4長打(球宴記録)、5安打、12塁打(ともにタイ記録)。サイクル安打は92年の古田以来2度目と、記録ラッシュだった。

 今球宴では新人でただ一人選出。兵庫・淡路島出身とあって、客席では中学の同級生だった未夢(みゆ)夫人や両親を始め20人以上の関係者が見守った。12日が58歳の誕生日だった父・恵照さんは「全部ウソみたい。夢のようです」と感激しきりだった。出場が決まった後には、夫人がサプライズでケーキを買ってきて祝福。周囲からは『ファン投票、毎日入れてたよ』と励まされてきただけに、最高の形で恩返しを果たした。

 開幕から、不動のセンターとしてチームを引っ張ってきた。主に1番で83試合に出場し、打率2割6分1厘。俊足を武器に、リーグ3位の19盗塁も記録。交流戦こそ打率1割6分5厘に沈んだが、7月に入り上昇の気配を見せている。「いい勉強になったかなと思います。復調の要因はしっかりタイミングを取ることですね」と手応えをつかみつつある。

 近本に引っ張られた全セは、16年の第1戦以来1分け後5連敗だったが、ついに白星を挙げた。阪神はDeNAと並んで2位ながら、首位・巨人とは9・5差。ただ、残り59試合とチャンスは十分残っている。夢舞台での大暴れをきっかけに、近本が逆転Vを目指す虎の主役になる。(嶋田 直人)

 ◆近本 光司(ちかもと・こうじ)1994年11月9日、兵庫・淡路市出身。24歳。兵庫・社高から関学大へ進学し、2年時に投手から外野手に転向。卒業後は大阪ガスに入社。18年の都市対抗で打率5割2分4厘をマークし、MVPにあたる橋戸賞を獲得。同年ドラフト1位で阪神入団。今季は83試合に出場し、打率2割6分1厘、6本塁打、24打点、19盗塁。170センチ、72キロ。左投左打。年俸1500万円。既婚。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。